Windowsから踏み台サーバ越しにsshするときのconfigの書き方の注意事項。

windows10のバージョン1700番台くらいでデフォルトでsshができるようになったのでまぁまぁ(puttyとか使わないで済むようになったので)いろいろ幸せになりました。しかし踏み台サーバ越しにsshする際にちょっと罠があったので書き記しておきます。

踏み台サーバ越しにsshする際の一般的な設定

クライアント(win10) -> 踏み台サーバ -> アクセスしたいサーバ

とある時に

として踏み台サーバにログインしてから

みたいなのはまぁめんどくさいので、一般的にはこんな感じのを~/.ssh/configにこんな感じに書くと思います。

こんな感じに書いておけば

とすれば一発でアクセスできるようになります。LinuxやMacではこれで基本的にokです。

しかしwindowsは一つ注意が…

デフォでsshができるようになったので基本的にはこれで大丈夫なのですが、踏み台を使うときのProxyCommandのsshはローカルにあるsshのexeに対するフルパス(C:\Windows\System32\OpenSSH\ssh.exe)じゃないといけないとかいう罠があります。なのでこんな感じに書かないといけません。

とすればLinux/Macと同じようにさっくりsshできるようになります。めでたしめでたし。

neno

都内のJK大学生。趣味はドールと一緒にお出かけして撮影すること。C++とC#が好き。C++は主にリアルタイム画像処理, C#はUnity, WPF, UWP, .NET Coreとかいろいろ。ASPとXamarin学習中。 専攻はCV。最近のおもちゃはHoloLens。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。